弊社は、メーカー時代に痛感いたしました売上・利益追求に追われた日々ではなく、

もっと自由奔放に相手の立場に立って、日本人のセールスマンが日本のお得意様に

日本語で「日本の心」をお話出来る営業活動に専念したいとの思いを込め、

1994年1月に眼科領域専門の総合商社を目指して発足いたしました。

 

コンタクトレンズ及び関連用品、眼鏡フレーム及びレンズ、眼科用医療器械全般、

医薬品(眼科向ジェネリック医薬品を主体)を医療施設、眼鏡店、コンタクトレンズ販売店様へ

規模の大きいメーカーでは対応がなかなか難しい経営相談・スタッフの教育・人材情報の提供など

「信頼と利益の交換」をモットーに邁進しています。

 

さて、コンタクトレンズは日本で1957年に正式に商品化されてから半世紀経過致しました。

PMMAのハードコンタクトレンズから始まり、

1972年にソフトコンタクトレンズ、1980年に酸素透過性ハードコンタクトレンズ

1991年にはディスポーザブルレンズ(使い捨てコンタクトレンズ)の発売と

飛躍的な進歩を遂げながら、コンタクトレンズは生活密着型の高度管理医療機器として、

その地位を確固たるものに築き上げて参りました。

 

加えて製品の急速な開発は、その背景に24時間対応の生活様式から、消費者の多種多様なニーズを生み、

多くの大手メーカーの参入が供給過剰・廉価販売等の雪崩現象を促し、

従来のより安全で適性を選んで購入しようとする貴重な医療用具から、雑貨的最寄品に変身して参りました。

このことは、肝心の高度管理医療機器としての使命が置き去りにされる危険性が、同時に並走していることも事実です。

 

一方で中抜き的な卸売業不要論という見方は確かにありますが、メーカー同士の熾烈な戦いも有り、

今日の厳しい経済環境の中、メーカーも小売店も卸の有効な活用性を必要としてきている状況にあります。

 

当社は眼科に特化した医療用機器の総合卸として全機能型経営を展開し、

総合的商品の供給力と長い業界経験に裏打ちされた人的資源の強さを核として組織の骨格を固め、

着々とその存在感を高めてまいりました。

 

これからも眼科医療機器の分野で、市場全体の流れを第三者的立場から、常に公平に分析・判断し、

出来るだけ的確な製品と情報を提供する専門商社を目指してまいります。

そして、小売店の購買システムの簡素化と仕入コスト削減に貢献すると共に、

消費者により高い満足をお届けすることが出来るよう、

メーカーと小売店間の潤滑油的存在として、流通の一端を担っていく所存でございます。

 

パナメディカル株式会社
代表取締役  平田 圭

 

パナメディカルでは、会社設立時から「真実一路」と言う言葉を大切にしてきました。
「真実一路」と言う言葉を活動の理念とする為に、毎年会長の平田が言葉を選定しております。
こちらでは今までの年代別「真実一路」をご紹介致します。


 
真実一路
 
 
年代別「真実一路」一覧
 
 
1994年 無し(創業期)
 
1995年 真実一路
 
1996年 今年も真実一路
 
1997年 明日に向かって「真実一路」
 
1998年 おかげさまで「真実一路」5周年
 
1999年 今年も飛躍を願って「真実一路」
 
2000年 人生の道ある限り「真実一路」
 
2001年 21世紀を迎えても「真実一路」は不変なり
 
2002年 不撓不屈の「真実一路」こそセールスなり!
 
2003年 為せば成る、為さねば成らぬ「真実一路」の10周年
 
2004年 世の中は人と、人との「真実一路」
 
2005年 人生の谷間にこそ、きらりと光る「真実一路」
 
2006年 儘ならぬ世の中だけど貫らぬき通せ「真実一路」
 
2007年 人生は喜怒哀楽の日々なれど「真実一路」を忘れまじ!
 
2008年 冬きたりばな春遠からじを信じつつ「真実一路」の15周年
 
2009年 大きな幸せよりも永(とこしえ)の小さな幸せに願いをこめての「真実一路」
 
2010年 世の中は変われども義理と人情の「真実一路」
 
2011年 時の流れに身をまかせ「真実一路」の人生なり!
天変地異が起ころうとも、御社の為に「真実一路」(九州地区限定)
 
2012年 出来ないではなく、出来るを信じつつ「真実一路」の人生を!
 
2013年 天知る地知る、これぞ「真実一路」の20周年
汗と涙の20周年、感謝、感謝の「真実一路」(九州地区限定版)
 
2014年 人生に限りはあれど前へ前への「真実一路」
 
2015年 「真実一路」こそ永(とこしえ)の命の糧(かて)なり!
 
2016年 セールスとは「真実一路」の人生なり
 
2017年 「真実一路」の人生は反省、反省の一生なり!
 
2018年 陽は昇り 陽は沈む 「真実一路」は、不変なり!
 
2019年 苦しい時は楽しかった思い出を 浮かべて「真実一路」の25周年
 
2020年 人の道 自然の成り行きに身をまかせ 「真実一路」の人生を!
 
2021年 親から子へ、子から子への「真実一路」の人生を!